スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.08.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    用心棒

    0


      ある町に流れ着いた凄腕の侍が一人で町の荒くれ者どもの争いに終止符を打つってゆージャパニーズハードボイルドストーリー。

      ハリウッドにリメイクされることもあってストーリー展開がうまいです。

      主人公の椿三十郎ってのに三船敏郎はマジではまり役。あの渋い顔がかっちょいいね!

      そしてライバル的存在のヤクザの卯之助、こいつがまた粋な色男ってー感じでいい味だしてんですよ。

      こーストーリー展開とキャラ設定がしっかりしてると舞台がかわってもイケるっちゅーことでリメイクとかされちゃうわけですね。

      さすが世界のクロサワ!!

      羅生門

      0


        なによりもまずこの感想が出る。

        なに言ってるかわかんない!

        DVDが字幕付きじゃないためかなり聞き取りにくい音声の中なんとか鑑賞した。

        ストーリーは、一人の死んだ男の死因を巡る話の中で、人間の怖さと言うか、なんか黒い部分の話。

        しかしやっぱり黒澤映画の三船敏郎の豪快男っぷりはいいですね。

        眉毛なんかあとちょっとでつながっちまうよっちゅーくらいギリギリまで攻めてる。

        両さん?
        まぁそんな毛深さも豪快。

        そして霊媒師の彼女。

        死んだ男が憑依するシーンね。

        あそこのシーンはホラーです。
        怖いです。

        まぁそんなこんなで最終的には人間の綺麗な一面もちらつかせてくれるという映画。

        黒澤明の映画って、見終わってスッキリするものが多いですよね。

        けどまぁこの羅生門は評価の割りにわって感じでした。

        1

        ↓Click Please!!!↓ にほんブログ村 映画ブログへ
        ↑Click Please!!!↑

        さぁ映画タイムや

        こちらも激アツ

        借りるのダルい人はコッチ

        もう買っちゃえ

        こっちのが安いかも

        categories

        selected entries

        search this site.

        profile

        archives

        recommend

        links

        others

        mobile

        qrcode

        PR

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM