スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.08.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ランナウェイズ

    0


      ガールズ青春ムービー。

      昔実在した十代の売れっ子ガールズバンドの話。

      ストーリーとしては女の子が世間の注目によってキャパオーバーになったり、ROCKに生きたりととりあえず青春する。

      映画は実話を元に作られているらしい。

      ポイントはダコタファニングとクリステンスチュワートの可愛さでしょう。

      あとは特になし!!

      I love ロックンロールな人は見てください。

      めまい

      0


        元刑事が保護を依頼された女性に恋してなんだかんだってゆー話。

        サスペンスの神様、ヒッチコックの作品。例によって主人公おっさん、ヒロイン若い女性のパターンだ。

        この主人公のハードボイルドなところは、まず彼が惚れた女は依頼主の妻である点。

        彼ぐらいハードボイルドになると、相手が人妻だろーと例えその夫が依頼主だろーとそんなの関係ねぇ!はキホンのキ。

        話が進んで主人公とこの人妻の恋愛がある程度発展した時点でその女性は死ぬ。相当なショックを受けた彼は後日、彼女にソックリな別の女性と出会う。

        そしてこれまた簡単に関係が発展した二人、ここでハードボイルドとは決して言い難い行動を彼はとる。

        彼はいわば今カノを死んだ元カノに更に似せるべく、服装やヘアースタイルを彼女に猛リクエストする。

        未練マックス!!そして今カノはそんなの嫌だと泣く。当たり前やん!!

        天才ヒッチコックが描く、映像もアーティスティックな作品です。

        やさしい嘘と贈り物

        0


          一人のじーさんがフォーリンラブしたが、実は彼は痴呆症で恋に落ちた相手は自分の妻だった的などこまでも素敵なストーリー。

          ラブストーリー好きにはこの映画のファンは多いでしょう。

          序盤の彼の恋を描くシーンがキュートすぎる。熟成した一人の男性にも関わらずそのチェリーボーイのようなピュアさはガールズのハートを掴んで離さないことでしょう。

          しかしピュアもいいけどピュアだけじゃ一本の映画は成り立たない。痴呆症が生み出す家族の問題を後半に描いている。

          そしてオーディエンスは泣く。

          俺も、当時24歳だったらしい監督の術中にハマりました。

          原題はlovely, still。もうこれピュアのピュアによるピュアのためのピュアムービーだな。

          ピュアじゃない奴は見ちゃダメ!

          ちびっこギャング

          0


            ちびっこギャングが恋に友情にきゃぴきゃぴ!みたいな話。

            とにかく可愛すぎて腰が砕ける。

            外国人のちびっこってなんでこんなに可愛いんだろう。

            結構古い映画なのでこのちびっこギャングたちの中の数人は立派な大人のギャングに昇華したことでしょう。

            ちびっこ向け映画なんだけど大人が見てもとても癒される。そして見る時は字幕スーパーじゃなくて吹替え版で見て欲しい。

            子ども好きなら是非。

            1408号室

            0


              泊まった人間は死ぬというあるホテルの1408号室に主人公が泊まって酷い目にあうってゆー話。

              この映画、TSUTAYAのサスペンス欄にあったから借りてみたものの、サスペンスとは言い難く完全にホラーだった。

              主演のジョンキューザック、サミュエルLジャクソンに騙されてはいけない。

              早い話が、ホテルでは特に謎とかが隠されてるわけじゃなく呪い的ななにかによって起きる超常現象で人が死ぬらしい。

              そして主人公がこの部屋に泊まる流れってゆーのも「またまたぁ〜」みたいな軽いノリで泊まったらコレがどっこいハンパじゃねーじゃんってゆう、基本的なパターン。

              ホラー好きにはウケたのかな。

              十二人の怒れる男

              0


                12人の陪審員がある殺人事件の評決をめぐって猛討論を繰り広げるストーリー。

                タイトルの通り、12人のおっさんが怒る怒る。

                見てるこっちとしてはオイオイそんなに怒るなよちょっと落ち着けよってなる。

                そんな12人の怒りプレーヤーのなかでも今回はある男にMVPを与えたい。

                二人の男が、容疑者の少年の死刑判決がかかったこの重大な討論の中、なんとマルバツゲームをしてた。

                その男に対し、一人の怒れる男が「お前ら人間の命を軽く考えるな!」ばりの勢いでここ一番の憤怒を示した。

                しかしMVPは彼ではない。

                マルバツゲームを没収された二人のうちの一人の男がここへきて本領を発揮する。

                「お前何すんねん!!返せや!!!」とこの日一番の激怒を爆発させた。

                間違いなく彼が今回のベストオブ怒りプレーヤーだろう。

                明日の記憶

                0


                  世界の渡辺謙に乾杯!な作品。

                  アルツハイマーになってしまう夫とそれを支える妻の話。

                  もうこのあらすじだけで泣ける。

                  てゆーかこのあらすじだけでストーリーのだいたいの流れが想像できるでしょう。しかし見てみてください。絶対に泣かされます。

                  映画が進んでくにつれてMr.Kenの病気も進行していくんだけど、後半の彼と妻とのやりとりはもう見ちゃおれません。

                  たぶん北斗の拳のリンが見てたら間違いなく「ケーーーン!!」と叫ぶでしょう。

                  いや、リンじゃなくても叫ばずにはいられない。

                  ケーーーン!!

                  アメリカンチェリーパイ

                  0


                    傑作・アメリカンパイシリーズの名を借りた駄作。

                    性欲旺盛なハイスクール・ボーイズ達がハレンチな青春の日々を過ごすという基本パターンのストーリー。

                    まず映像がなんか安い。そしてBGMの少ない感じがまた安い。全体を通してプロが金をかけて作った感があまりない。

                    こーいう、ちょいエロ・はっちゃけ系ムービーは常にパンクロックと一心同体であっていただきたいですねはい。

                    アメリカンパイの名を語る、アメリカン詐欺にご注意!

                    ユージュアル・サスペクツ

                    0


                      クライムサスペンスの傑作。

                      多くの死人を出したある事件が勃発、しかしこれはすべて一人の人物によって仕組まれたことだった的なストーリー。

                      メインキャラクターは犯罪者五人。そしてこーいう主人公を取り巻く複数のメインキャラがいる場合、全員が全員なんかしらのスペシャリストである事は映画の上で基本中の基本。

                      この映画は謎があってそれが最後に解決し見てるほうもスッキリみないな構成。

                      確かに評価高いだけのことはある。見終わって「おぉ」ってなる。

                      脚本賞を受賞しただけあって、確かにストーリー構成は素晴らしい。けど全体を通すと、もう一声!感が残るはなぜだろう?

                      ちなみにサスペンス欄にたまーにある、宇宙人の仕業でした系のオチでは決してないので安心です。

                      謎好きにおすすめ。

                      一枚のめぐり逢い

                      0


                        ザックエフロン主演のラブストーリー。

                        元軍人のザックエフロンが戦場で拾った写真に写ってた女性とイイ感じになるストーリー。

                        冒頭からシングルマザーの彼女ととんとん拍子に恋愛が発展していくのだが、これは映画なのでそう簡単には話は進まない。

                        ここで悪役であるキースが登場する。やっぱりラブストーリーといえど映画を盛り上げるために邪魔者の役目は必要不可欠。

                        こいつがまたウザイ。彼はヒロインの元夫であり警察官である。

                        妙にうまい口笛を吹きながら颯爽と現れる彼は、職権を乱用しイイ感じの二人に嫌がらせをしまくる。

                        元妻であるヒロインに対しかなりの上から目線。お前のものは俺のもの、俺のものも俺のものといわんばかりの彼はまさにいつものジャイアン。

                        しかしジャイアンにも徐々に変化が現れる。ストーリーが進むにつれ子供や元妻への愛情に気がつき、やり直そうと懇願する。

                        だが時すでに遅し!!キースは所詮、映画版ジャイアンでなくいつものジャイアンなのだ。

                        けれど彼にもガキ大将のプライドがある。子供のピンチに駆けつけ(ちなみにこのピンチの原因はキース。笑)自分の子供が川に溺れそうになったところを助けに行くのだ。

                        そして、彼は死ぬ。

                        死ぬんかい!!意外な展開に全米が泣いたでしょう。

                        最後の最後で彼はいつものジャイアンから映画版ジャイアンに昇華し、そのまま天に召された。

                        そんなキースの最期のひとときを描いた作品です。

                        ※主人公はザックエフロンです。


                        ↓Click Please!!!↓ にほんブログ村 映画ブログへ
                        ↑Click Please!!!↑

                        さぁ映画タイムや

                        こちらも激アツ

                        借りるのダルい人はコッチ

                        もう買っちゃえ

                        こっちのが安いかも

                        categories

                        selected entries

                        search this site.

                        profile

                        archives

                        recommend

                        links

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM